令和元年度職員表彰

令和元年度教育委員会職員表彰

 本校の職員4名が教育委員会職員功績賞を受賞し、10月24日神奈川県庁において桐谷教育長より表彰を受けました。

勝田総括教諭
【功績内容】教科外グループのリーダーとして、生徒会が校内の様々な行事や、校外での活動、外部連携事業等において、各生徒が自ら考え、企画・立案・運営ができるよう適切に指導・助言を行うとともに、知事との対話の広場や高校生ハイスクール議会等の外部の行事に参加した生徒が、自らの考えを主体的に発言できるよう指導するなど、生徒支援活動に貢献した。

黒川教諭 
【功績内容】生徒の体づくりに取り組むため、校内のトレーニングルームの整備及び管理を行い、個々の生徒の体づくりに関する助言・指導をするとともに、生徒の要望からトレーニング同好会を設立し、同好会だけでなく運動部の生徒にも指導を行い、身体的な能力の向上に貢献した。また、日常の生徒指導にも積極的に対応し、その姿勢は他の教職員の模範となっており生徒はもとより保護者からも信頼を得るなど、生徒指導にも貢献した。

藤田教諭 
【功績内容】生徒指導の中心となって積極的に対応し、基本的な生活習慣の確立や問題行動に対する生徒の状況に応じた粘り強い指導を行うとともに、申し合わせ事項の作成など組織的な生徒指導体制を確立させ、生徒が自ら考えて行動できるように改善した。 また、機械加工に関する専門的技術を活かし、生徒自らが考えて校内の施設設備の修理等に取り組めるよう指導を行い、生徒の技術力向上にも貢献した。

大和田主事 
【功績内容】老朽化の激しい校舎内外の修理・整備に対して計画的に対応するとともに、教職員から指摘された事項には迅速に修繕等に対応し、校内の環境整備に尽力した。 また、実習室の火災時には電気主任技術者や教育施設課等と連携し、年度当初から該当部分以外の実習室が使用できるように関係教職員と協議しながら、復旧の環境整備に対応するなど、緊急困難事案に的確に対応し、安全な学校環境整備に貢献した。


集合写真          


教育長と共に